日本語 Japanese | 英語 English

本データベースについて

戻る

DNAバーコーディングは、短いDNA断片の塩基配列を用いて生物種の同定を行う技術であり、近年多くの生物群においてその有用性が認められている。実際に未知のサンプルの種名を同定するためには、既に蓄積された塩基配列との比較のプロセスが必要である。論文発表済みの塩基配列自体は国際的なDNA塩基配列データベースに登録されているが、それらは担保となる証拠標本の情報を伴って初めて価値が生じるものである。しかしながら、GenBankは証拠標本の情報を必須としておらず、証拠標本の情報があったとしても最低限の文字情報のみに留まっており、同定に疑問が生じた場合の検証は事実上困難である。本データベースは、DNAバーコーディングに特化して情報提供を行う。現在国内で進められている複数のDNAバーコーディングプロジェクトで用いられる証拠標本を画像つきで電子化することによって、DNAバーコーディングによる同定の信頼性・精度を高めることを目的とする。

本データベースで公開される情報の著作権は、それぞれの提供機関に帰属する。本データベースは独立行政法人日本学術振興会 科学研究費補助金 (研究成果公開促進費 データベース)の交付を受けて作成した。


戻る

Ruga-specimen system created by Utsugi Jinbo (National Museum of Nature and Science)